2018年05月28日

勝手は許されない「規律と規則」2


規律や規則が当たり前のことと意識されたのなら、次のその当たり前のことを当たり前に実行するという行動が伴わなければなりません。頭ではわかっていても、実行できなくては何にもならないのです。
わかっていることが実行できないという場合は、大抵他からやらされている、押し付けられているという意識が働いているようです。「言われたから」「命令されたから」「仕方がない」というモヤモヤした気持ちが、行動を抑えてしまうのです。規律や規則も「守らされている」という意識が強いと、それを守ることが苦痛となり、いつの間にか拒否反応を起こしてしまうということになります。
posted by Dataaagent Corp. at 09:00| 音声教材

勝手は許されない「規律と規則」1


規律や規則は、全てが私たちの納得いくようにつくられているわけではありません。個人個人の考え方は千差万別ですから、冷静に個人的立場から眺めた場合、どうしても納得しかねる、というようなものもあることでしょう。

規律とか規則は人間が作ったものですから、完璧でないのがむしろ当たり前と言えるでしょう。
しかし会社が定めている規律や規則に対して、自分はそれに納得しかねるから従うつもりはない、と個人が勝手に判断し、好きなように振舞いはじめたらどうなるでしょうか? 

国であれ、企業組織であれ、一度その組織が定めた規律や規則は守らなければなりません。
あるルールが気に入らないからといって、個人が勝手に自分が正しいと思うように動いたのでは、組織が崩壊してしまうからです。

もしその規律や規則が本当に問題があれば、ルールを無視して勝手に行動するというやりかたではなく…
posted by Dataaagent Corp. at 09:00| 音声教材

2018年05月21日

実績を上げられないあなたは管理職失格です 後編


代金の回収が伴わないうりあげは、その額がどれだけすばらしくても意味がありません。また、どんなに売り上げを上げても、その分コストが上がって利益が上がらなければ会社にとってはたいした価値がないといえます。利益や代金回収を無視した売上高による管理は危険を含んでいます。しかし…
posted by Dataaagent Corp. at 09:00| 音声教材